パソコンを便利に使ってますか

待っている間に行った事

今ではインターネットを使うなんて当たり前になってしまいましたが、自分がインターネットを使い始めたころは回線速度の遅くて、目的のウェブを開けるのにもすごく時間が掛かったりしましたけど、その仕組みにはびっくりしていました。
これならいろいろな情報が調べられるし、自分の好きなサイトを見に行けるのがとても便利に感じていました。
友人たちは、音楽がたくさん集められるのでとても良いと言っていたのですけど、自分はちょっと違いました。
違いというのは何かをダウンロードすることではなく、世界中を飛び回れるような感じがしていたのです。
世界各地の言語のサイトを見るだけでもワクワクしました。
まあ、言葉を理解していた訳ではありませんけど、サイトの画像などを見ていると多少は理解できました。
日本のサイトもそれは沢山あるので、情報を求める時に目的を絞り込まないと、なかなか目的のサイトへたどり着くことが出来ませんでした。
そのころは高校1年生でしたが、自分専用のパソコンが欲しくてたまらなくなったのですけど、家ではだれも興味を示さないので購入が出来ませんでしたけど、ですが、パソコンは叔父さんにモデルを選んでもらい買ってもらったのです。
それ以来、自分はパソコンに取りつかれたように、とても興味を持ち始めてしまい、ソフトはもちろん周辺機器までいろいろと加えて自分の部屋がパソコン室のようになってしまいました。
パソコンで日記を書き始めるようになってからは、キーボードをブラインドタッチで入力できるようになり、インターネットも自由自在に操れるようになりました、当時はプロバイダーなどの設定が難しく、友人たちも使うようになってからは、手伝ってあげたりしました。
まあ、早くやりたいにして、ネット環境は回線を引かなければなりませんから、自分たちの地域が可能になるのがけっこう遅くて、今では考えられませんけど、その当時はパソコンを用意してから申し込んでも半年くらい待つことが当たり前でした。
自分はネット回線が出来るまで待っている間は、入力を習うことをしていましたけど、友達たちはゲームソフトを購入してのパソコンゲームを行っていたので、何かいつもはゲーム機でやっていることをパソコンでやっているだけなのが、不思議な感じがしたものです。
パソコンの仕組みとかを知ったりする方が先なのに、ただ機械を変えただけではもったいないなと感じたのですけど、今になってこれは正解だったと感じています。
SEARCH
SHARE
LINEで送る
Copyright (C)2017パソコンを便利に使ってますか.All rights reserved.